株式会社カネタ 〒566-0064 大阪府摂津市鳥飼中2-3-11

MENU

インフォメーション

株式会社カネタは、YAGレーザー加工を始め、レーザー切断・各種溶接・製缶を取り扱う会社です。詳しい内容は>>>カネタの想い

切子圧縮機

丸焼きくん

カネタ鉄工・最新ニュース

採用情報

カネタ・スタッフブログ更新中!

震災を忘れない気持ちを
震災を忘れない気持ちを
あらわすプロジェクト
参加中!

株式会社カネタ

株式会社 カネタ
〒566-0064 
大阪府摂津市鳥飼中2-3-11

TEL:072−654−1637
FAX:072−653−0534
E-mail info@kaneta-tekkou.co.jp

更新日 2016年9月5日

今月の挨拶

TOP>今月の挨拶

★平成25年12月のご挨拶

ゆず湯冷たい風にふるえ、23年ぶりの11月夜半の雪に、皆様の体調管理は大丈夫でしょうか?
私事ですが、年末になり心秘かに悩んでおります。2004年に始まった「10年日記」が今年で終わってしまい、来年から新調しないといけないのですが、仕事の記述の多い日記は「5年日記」か「10年日記」かと…。
日記を始めた年に先代に先立たれた心細い思いが昨日のように思い出され、このお便りも10年になりました。何事にもスピードの速い現在には「10年」というのはもう遥か彼方の物語かもしれません。未熟な私を暖かく、厳しく見守って下さったお客様や協力頂いた納入業者の皆様、そして泣いたり笑ったりといつも一緒に頑張ってくれた社員達との「絆」は大きな財産になりました。この財産を次の世代にバトンタッチできる日まで大切に胸に抱き精進したいと思います。
来る年がご縁のある全ての皆様に幸多い年で有ります事を心よりお祈り申し上げます。

   平成25年12月

株式会社カネタ 代表取締役 佐多はつみ

★平成25年11月のご挨拶

 朝の愛犬との散歩が気持ちよく感じる今日この頃ですが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか?急激な気温の変化に戸惑った感があるのも事実ですが・・・・。
散歩の相手をしてくれている愛犬は今年13歳になります。
子育ても終わり、何となく閉塞感にとらわれている私達夫婦を見かねて子供たちがプレゼントしてくれてもう13年。「小太郎」と名づけて我が家の家族になり、我が家の喜怒哀楽を共に暮らしてきましたが、自分の衰えと共に愛犬の衰えも感じているこの頃で、散歩の道すがらよろけてしまって自分でびっくりしている彼の姿に思わず噴き出してしまいます。
「太郎」と名のつく三人の孫とも同居して新しい生活が始まったこの頃ですが、またどんなドラマが待ちかまえているのか期待を込めて日々を楽しんで暮らしたいと思います。
「アベノミクス」とやらの影響が及ばない現実の生活感のため息は少し忘れて季節の移ろいと家族の団欒に酔いしれてみようと思うこの頃です。皆様に感謝!
    平成25年11月
株式会社カネタ 代表取締役 佐多はつみ

★平成25年10月のご挨拶

秋の稲穂 空の色がやわらかく秋色になってまいりましたが、皆様にはお変わりございませんか?
弊社はおかげさまで、30期を無事終了することができ、長年の懸案だった会社統合が実現できた事はひとえにお取引頂けるお客様、ご協力頂く納入業者様のおかげと改めてお礼申し上げます。
弊社は31期をむかえ、長年親しんで頂きました社名を「カネタ鉄工株式会社」から「株式会社 カネタ」へと変更し、「敬天愛人」の社是のもと、新たな出発をしたいと思っております。先代創業者からその心ざしを受け継ぎ、次の世代へとバトンを渡していくのが役目と若い世代の育成に想いを懸けていきたいと考えております。これからもこれまで以上のご指導・ご鞭撻のほどを、どうぞよろしくお願い申し上げます。
ご縁を頂いております皆様のご健康とご活躍を心よりお祈り申し上げます。
    平成25年10月

株式会社カネタ 代表取締役 佐多はつみ

★平成25年9月のご挨拶

富士山朝晩の涼しげなそよ風に季節が確実に移り変わっていくのを実感しておりますが、今年はことのほか我が身が安堵しているのは、それだけ厳しく暑さが堪えたのだろうと思われます。そんな中で、一昨年に八合目で挫折した富士山登頂に再チャレンジをいたしました。還暦の記念になどと安易な気持ちで臨んだ心をお山は見透かしていたのでしょう、ものの見事に拒否されてしまいました。今年は真摯に反省し、30期の節目を無事締めくくられるよう、工場移転が無事終わった事などへの感謝を込めて、自分への新しい出発へのけじめとして覚悟の登山となりました。

小学6年になる孫と娘・社員が同行してくれ、心強い行程でしたが、結局は自分の足で一歩一歩進むしか方法はないのだと実感し体感いたしました。頂上に着いた時の達成感は戻ってきた今、じんわりと我が身に浸透しています。多くの方々に応援を頂き、祝福を頂きながら幸せに酔いしれています。皆様に感謝!
    平成25年9月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成25年8月のご挨拶

金魚真夏の太陽に気力も体力も奪われそうな毎日ですが、皆様にはいかがお過ごしなのかと案じております。
気象庁からも「いままでに経験したことのない大雨」などという表現ができましたが、このままでは地球がどうにかなるのではないかと本気で心配になったりしております。
弊社では今期が30期という節目の年にあたり、創業から約45年、その中の約12年を皆と共に歩いてまいりました。さまざまな事がありましたがいつも感じるのは人の縁の深さです。お盆の月にあたり先人無くして今日の私達はないことをあらためて感じてほしいと思います。昔からの行事の継承、語り継ぐ事の大切さを年長者が率先して実行していく必要を感じているこの頃です。私もお祭りの代名詞のような花火が実は先祖供養が始まりだということを知ったのはここ最近の事なのです。
ご縁のある全ての皆様のご先祖様に合掌。感謝!
       平成25年8月
カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成25年7月のご挨拶

朝顔暑中お見舞い申し上げます。
例年になく天候不順に悩まされておりますが、皆様にはいかがお過ごしでしょうか?
弊社はなんとか新工場への移動が終わり、7月1日より営業を開始することが出来ました。
これもひとえに皆様のご協力があってこその事と深く感謝申し上げます。
慌ただしく過ごした六月でしたが、社員達も仕事を止めることなく、愚痴もこぼさず休日返上で頑張ってくれました。今、ひとりひとりの顔を見ながら同じ敷地の中で一緒に仕事ができる幸せを実感しております。
これを機会に全社一丸となって、技術の向上、効率化、サービス向上等への努力を惜しまない所存でございます。お客様・ご協力いただく納入業者の皆様の変わらぬご支援・ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。
暑い夏が予想されますが、皆様にはくれぐれもご自愛の上ご活躍下さいますよう心よりお祈り申し上げます。感謝!
    平成25年7月
カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成25年6月のご挨拶

幸せの青い鳩例年より十日ほど早く梅雨に入ったようですが、皆様にはお元気でご活躍の事とお喜び申し上げます。
弊社は新工場への引っ越しが、いよいよスタートいたします。土曜日を使って、みんなで新工場の床と壁と柱を塗りました。若い社員達が一生懸命取り組んでくれるそんな姿を見ながら、毎年6月が来ると思いだす花と、もうひとつの終戦記念日と言われる「6・23 沖縄慰霊の日」が蘇ります。私の故郷には「特攻花」と言われるキク科の花が咲き始めますが、それは鹿児島知覧の飛行場を飛び立った若い特攻隊員が操縦する飛行機が給油の為におり立ち置いて行った花だと言われています。祖国の為、愛する家族を守る為と沖縄へと飛びたち海の彼方へ消えて行った事を思うと胸が痛みます。憲法九条の改正議論がおきておりますが、この平和がどうぞいつまでも続いてほしいと心から願っております。 感謝!
      平成25年6月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ


★平成25年5月のご挨拶

兜風薫る5月 皆様にはどんなGWをお過ごしでしたでしょうか?
弊社では長年の念願でした工場の統合が実現する運びとなりました。
本社と鳥飼本町に離れて業務を行う事のリスクをなんとか解消したいと願っておりましたが、「願えば叶う」ということが実証されて喜びもひとしおです。
「若い世代へのバトンタッチの為にも!」との想いから何度もの話し合いを重ね「皆で頑張ろう」と決断をした時には身の引き締まる思いでした。
先行き不透明なこの時代にとも思いましたが、だからこそ弊社一丸となって努力していく所存です。
これまで同様の皆様方の温かいご支援・ご協力を心よりお願い申し上げます。
私個人としましても縁あって皆様にお世話になり、先代から会社を預かり10年の節目の年に長年の夢が実現できることになりました事もなにかのお導きではないかと思っております。詳細につきましては改めて書面にてお知らせ致します。ご縁のある全ての皆様に深く感謝申し上げます。
      平成25年5月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成25年4月のご挨拶

桜桜満開の新年度スタートとなりました。
新入生・新社員の緊張した姿に○十年前の自分を重ねようとしますが、それすらうっすらと春霞の中を漂っている有様です。今年は久しぶりにアベノミクスとやらで明るい話題が取りざたされておりますが、「本当にそうでしょうか?」と、どなたに聞けば解かるのでしょうか。「ニュースで、新聞で、誰もが言っているし、だからそうじゃない?」私達はこんな会話で核心にせまらずに済ませてしまう事を繰り返してはいないでしょうか?
心浮き立つ春、門出の春に少々苦言を言いたくなってしまいました。だから年寄りはと言われそうですが年の功といってほしいですね(笑)
『 青春とは人生の或る期間を言うのではなく心の有様をいうのだ。優れた創造力、逞しき意思、炎ゆる情熱、怯懦を却ける勇猛心、安易を振り捨てる冒険心、こう言う様相を青春と言うのだ。年を重ねただけでは人は老いない。理想を失う時に初めて老いが来る。 』サミュエル・ウルマン
御縁のあるすべての皆さまに感謝!
     平成25年4月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成25年3月のご挨拶

ひなまつり  弥生、三月、旅立ちの季節です。うれしさ半分、寂しさ半分なんとも複雑な心境の方々も多いのではないでしょうか?また、花粉、黄砂+PM2.5など物騒な話題に悩まされる今日この頃ですが、「春のうらら」と唄った懐かしい春が恋しく、あのような平和な春を私達は無くしてしまったのですね。

 弊社の近くに某電機メーカーさんの物流センターがあります。近所でも評判の良かった守衛さんの姿が最近 見えなくなりました。いつも元気で「おはようございます!」「お疲れ様でした!」「気をつけて!」等、通りかかる学生さんや誰彼となくあいさつしてくれていたのですが…。ちょっと気になって観察すると彼だけではなく、守衛室に人影がなくなっていました。きっと守衛部門を廃止したのでしょうね。でも企業そのものは大幅な利益回復で株価も上昇です。なんとも複雑な心境で門の前を通勤しているこの頃です。日々に感謝!
平成25年3月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成25年2月のご挨拶

椿-2月 如月、2月になりました。毎年2月を迎えると何となく心やすらぐのは自分の誕生月だからでもありますが、それよりも春の近付く気配を感じる頃になるからでしょう。それが今年はいつまでたっても気が晴れせん。
先月起きたアルジェリア人質事件が胸のシコリとなっています。
資源開発や工業生産を支える日本のプラント建設が、国際競争の先頭を走っているとは聞き知っていたつもりでしたが、悲惨な事件を目の当たりにすると、驚愕と共に日本国・日本人としてそして企業人の端くれとして尊い貴重な多くの人財を失った怒りと悲しみと言いようのないむなしさにとらわれて抜け出せずにいます。
当たり前のように安全な国に暮らしていて、世界のさまざまな国で、苦労をしながら活躍していた方々の事に想いを懸けることを忘れがちだった我が身を振り返って反省し、心よりの御冥福をお祈りいたします。皆様に感謝!
    平成25年2月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成25年1月のご挨拶

巳年新春をお喜び申しあげます!
新しい年が皆様にとり大いなる躍進の年になりますようお祈り申し上げます。
巷では政権が代わり、期待と揶揄とが入り混じりマスコミもお正月特番と相まってにぎわっておりますが、現実の世界はいかがなものでしょうか?私も静かないつものお正月を迎え、弊社もまたいつもの仕事がもどってまいります。でも年々この平常がありがたいことだと実感できるようになってまいりました。
幼い頃に祖母が毎朝、東の空に向かって手を合わせていた意味をやっとわかるようになりました。私も家族が社員ひとりひとりが何事もなく無事に一日を過ごせますように、お世話になっている納入業者の皆さま、お客様方が益々御繁栄なさいますように手を合わせて参ります。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。感謝!
    平成25年1月
カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ