株式会社カネタ 〒566-0064 大阪府摂津市鳥飼中2-3-11

MENU

インフォメーション

株式会社カネタは、YAGレーザー加工を始め、レーザー切断・各種溶接・製缶を取り扱う会社です。詳しい内容は>>>カネタの想い

切子圧縮機

丸焼きくん

カネタ鉄工・最新ニュース

採用情報

カネタ・スタッフブログ更新中!

震災を忘れない気持ちを
震災を忘れない気持ちを
あらわすプロジェクト
参加中!

株式会社カネタ

株式会社 カネタ
〒566-0064 
大阪府摂津市鳥飼中2-3-11

TEL:072−654−1637
FAX:072−653−0534
E-mail info@kaneta-tekkou.co.jp

更新日 2016年9月5日

今月の挨拶

TOP>今月の挨拶(バックナンバー平成23・24年版)

★平成24年12月のご挨拶

ピラカンサス師走、一年の締めくくりの月となりました。私の大好きなピラカンサスは今年も忘れずに真っ赤な実をつけ、事務所の窓から私の気持ちを癒してくれています。
先日、摂津市商工会50周年記念式典が行われ、鉄工会会長とお話させて頂きました。「自分は会社を設立した時に一年の半分は仕事をして半分は山に行こうと思っていた」と懐かしそうに話し、仕事をしながら鉄工会のお世話、後継者の育成をめざした勉強会等、社会貢献にも力を注いでいらっしゃるお姿に深い感銘を受け、私もつい「来年は富士登山に再チャレンジする予定です」と口走ってしまいました。
  この一年、多くのお客様、御協力頂きました納入業者の皆さま、そして新しく御縁が出来ました皆様にお世話になり本当にありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。皆様にとりまして来る年が大いなる躍進の年になりますよう心よりお祈り申し上げます。感謝!
    平成24年12月
カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成24年11月のご挨拶

もみじ朝晩の冷え込みが秋の深まりを教えてくれますが、皆様にはお元気で御活躍の事とお喜び申しあげます。
仕事に明け暮れてばかりの毎日ですが、最近 Facebookにお誘いを受けて参加し、悪戦苦闘しております。
最初は「友達をお誘い」とか軽いノリでしたが、知るほどに活用方法の多様化に興味が沸いてきたところです。  

参加していらっしゃるお客様を見つけた時は本当にうれしいもので、親近感が増してきます。ぜひ皆様にも覗いて頂き、参加もして頂きたいと思います。
休日に娘たちが○んご三姉妹とからかうほど仲のいい友人達と一緒に「小雨の京都」としゃれてみました。着物姿のカップルの多さにびっくりしたり喜んだり、最近はレンタルで気楽に着物を楽しむ事ができ、「着物で京都散策デート」をするそうです。
道に迷い声を掛けたのが台湾からの留学生で、これ幸いと少しお話もさせて頂きました。思わぬところで異文化交流もでき、良い休日を過ごす事が出来ました。もちろん、この事も覚えたてのFacebookへUP済みです。 

皆様に感謝!  

    平成24年11月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成24年10月のご挨拶

柿週末の台風が、あちこちで行われる予定だった運動会の変更を余議なくさせられましが皆様にはどんな影響がありましたでしょうか?
私事ですが、孫の運動会が平日に繰り延べになりガッカリです。

さて、弊社はおかげさまにて9月21日から第30期を迎える事が出来ました。記念すべき年を迎え、社員一同、気持ちを新たにしているところです。そこでこれまでの先人達の苦労を生かしつつ、若返りを図ってまいります。社員達も今までとはちがう苦労をすることになりますが、年寄り組(私を含めて)は後方支援に全力投入いたします。
皆様には、御迷惑をおかけしたり、失礼な言動があったりと失敗も多いと思いますが、その節は、どうぞ遠慮なく注意したり、叱ってやって下さい。社員達に取りましてもその事が振り返った時にきっと財産になっていることに気づく事になると思います。どうぞ、皆様で育ててやってくださいますよう心よりお願い申し上げますとともに、第29期が無事に終了出来ました事に心よりの感謝を申し上げます。  平成24年10月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成24年9月のご挨拶

お月見うさぎ九月を広辞苑で見ると一年の9番目の月。長月、菊月、色取月とあり、妙に納得してしまうのと同時に日本人の感性の豊かさをあらためて感じてしまいます。
先日、在日ベトナム人の関西会会長さんのお話を聞く機会を頂きました。「日本人に感性が一番近い」「勤勉だ」等聞いておりましたので親近感を持っており興味もありました。会長さんの話し方も誠実で親日ぶりが手に取るように伝わってきました。最近、領土問題などで外交関係がギクシャクするニュースばかりですが、ベトナムは反日教育がなされておらず、親日家が多いそうです。ベトナムにも中秋の名月を愛でる習慣があるようで、今月の23日に行われる会に招待を受けました。好奇心だけは誰にも負けない私は、喜んで参加させて頂くことにいたしました。異国の方と、お月さまを同じ場所で同じ様に愛でるのもおつなものですね!
それから8月27日に朝日放送「ココイロ」で「丸焼きくん」を取り上げて頂き、大勢の皆様からお電話やメールを頂き、本当にありがとうございました。これからも皆で一丸となって頑張ってまいりますので、御支援・御鞭撻をよろしくお願い申し上げます。感謝!    平成24年9月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成24年8月のご挨拶

摂津の特攻花暑中お見舞い申し上げます。
海に山にと子供達との楽しい夏休みを計画したりとレジャー中心のイメージがありますが、お盆があり終戦記念日がある鎮魂の月でもあります。私どもの故郷「徳之島」には敗戦の色濃い中を知覧の飛行場を飛び立った特攻隊の若い兵士が置いて行ったと伝えられる花が咲きますが島の人たちは「特攻花」と呼んでいます。
その花に私は孫の通う保育園で出会いました。あの当時、片道の燃料だけで飛び立っていった若者達がどんな気持ちで逝ったのだろうかと思うと胸が痛みます。
お盆になるとご先祖様が帰ってくるといいますが、手を合わせる気持ちを今の若者達がどう受け継いでくれるだろうかと少々心配になってしまいます。
どんな時でも自分達が、今日こうして暮らしていけるのは御先祖の想いがあったということ、その誰一人が欠けても自分が自分では生まれてこなかったことを理解してほしいと心から願っております。 すべての皆さまのご先祖様に合掌!
    平成24年8月
カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成24年7月のご挨拶

七夕七月に入りましたが、梅雨の中休み?ですかね。
「計画停電のお願い」なるハガキが舞い込みましたが、「脅迫ハガキかいな」とすねて(・・・)いるのは私だけですか?『電気料金の値上げも節電もあなた達しだいですよ!こっちはこれ以上なにも出来ませんからね。いやなら原子力発電しかないですよ。わかってますか!』とね…。
暗い話題の多い中でも最近、朝の通勤路に楽しみを見つけました。小学生の通学路の角々や信号に立って地域の敬老会の皆さんが通学を見守っています。その方々とあいさつを交わしますが、『あいさつの後にもう一言を』という文章に出会い、早速おそるおそる試してみましたら、なんと最近では朝のボーイフレンドが出来たような気分です。2〜3日顔を見かけなかったら「どうしたの?」と心配してくれますし、こちらも風邪でもひいたのかなと気になってしまいます。もうすぐ夏休みなのでしばらく会えなくなるのがさびしいですね(笑)。
猛暑の夏の予想です。皆様にはくれぐれも体調にお気をつけてご活躍くださいますよう心よりお祈り申し上げます。    平成24年7月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成24年6月のご挨拶

かたつむり六月、月日は梅雨の季節へと移ってまいりました。梅雨はシトシトと続く雨・どんよりとした空とあまりイメージが良いとは言えませんが、ものは考えようで、紫陽花の花が咲き、かたつむりがのんびり散歩するというイメージにしてみてはいかがでしょうか?でも最近の雨の降り方は、そんなのんびり感はなく、何かの大群が押し寄せるようにやってきてあっという間に走り去る騒がしい感じがしておりますが…。
それにつれてもギリシャ危機の再燃に端を発したユーロ問題はたちまち日本を飲み込み、右往左往する政治の軟弱さを露呈させて、どこかしこで漏れる溜息や嘆きが梅雨空へと吸い込まれてしまいそうです。その溜息や嘆きが絶望に変わる前に対策が打てますよう願うばかりですが、凡庸な頭では大胆な改善策のないままにのたうち回っている今日この頃です。ケセラセラともいかず運を天に任せて静かに嵐が静まるのを待つべきでしょうか?非凡なる頭脳と強運の白馬の王子様の出番を心より願っております。        
     平成24年6月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成24年5月のご挨拶

くじらGW、鯉のぼり、五月晴れのイメージで始まる5月ですが、今年は雨のスタートとなってしまいました。
皆様には、いかがお過ごしでしょうか?
ニュースでは夏に備えてクールビズが1ヶ月早くスタートし、節電への呼びかけを始めました。
私達は「原子力」という科学が作り出したエネルギーに依存し、昨年の3.11東日本大震災でその恐ろしさをみせつけられました。最終処分の方法すらまだ開発されていない事を今更ながら知る事となり、ただただ驚くばかりで、なす術を知りません。人としてどう生きるべきか、自然とどう共存していくべきなのか、様々な事を改めて考えさせられます。科学技術の進歩は非常に大事な事です。でも生物としての私達がどうこの地球上に住まわせてもらえるのかを考えないといけない時期ではないかと思っております。地球は人間だけの所有物ではないと言う事も実感してしおります。これも歳をとった、おかげでしょうか?
      平成24年5月
カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成24年4月のご挨拶

桜さくらの季節です!
入学、入社とそれぞれに新しい出発をした学生、社会人になられた皆さんに心からのお祝いを申しあげます。
御両親に取りましてもひとつの節目にあたり感慨深いものがおありかとお察しいたします。我が身を振り返ってみますとピカピカの1年生入学時、セーラー服と絵に描いたようなオカッパ頭の写真がありましたが記憶にはないんです。社会人としてスタートを切ったのは淀屋橋の事務所で、大阪駅前第一ビルが完成し、そこへ引っ越ししたのがその年の秋だったなんて思い出しました。地下街の眩い明るさが田舎から出てきたばかりの身には強烈な印象となって残っています。なにもかも驚きの連続だったあの頃が懐かしい年齢になりました。
さて弊社でも新入社員を迎えましたが、お互いに良い出会いになればと願っています。新顔を見かけましたら励ましのお声を頂けましたらうれしい限りです。
皆様に取りましてこの春のさくらが美しく満開に咲き誇りますように心よりお祈り申し上げます。 
      平成24年4月
カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成24年3月のご挨拶

桜弥生、三月、暦の上では春の到来ですが、「あの日からもう一年」ですね。日本が根底から揺さぶられた日、日本の今後の生き方を問われた日、「会った、会っていない」などと混沌とする政治の世界に呆れ果てながら、それでもひたすら復興を願って頑張って生き抜くしかない事を良く解っているつもりです。季節は三寒四温を7回繰り返し春が来ると聞きますがこの寒さは何回目?なんてぼんやり考えてしまいました。さまざまな事を思い患うと気が滅入ります。しかし何せ根っからののんき者でして「明日を想い患うな!」を地で行くタイプです。皆で元気に春が来るのを信じて今日も頑張りたいと思います。
インフルエンザが猛威を奮っています。どうぞご自愛の上ご活躍下さいますよう心よりお祈り申し上げます。感謝!
追伸: お忙しい中を恐縮ですが弊社のホームページをご覧いただいて感想などを頂きたいと願っておりますのでよろしくお願いいたします。  
 平成24年3月
カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成24年2月のご挨拶

節分如月、北国からは雪による災害のニュースが流れ、故郷徳之島からは毎日雨が降り農作物の生育が悪いと知らせが入ります。これも温暖化の影響だと聞きますが天候までが、どんよりとした世相を映しているように感じます。
私事ですが、今月は誕生月にあたります。これまであまり年齢を意識することなく過ごしてきたように思いますが、昨年の富士登山に挑戦した頃から頭の片隅で意識するようになりました。
年を重ねてきたことを実感しているような、悟りきったとでもいうのか、なんとも不思議な感情です。でも、でも、これは鈍感になったということではないかと少しあわててもいる私がいることも事実です。上手に年齢を重ねて優雅にステキな生き方をなさっている方に出会うと本当に羨ましく思うのはまだまだ自分が至らない証拠ですね。
寒さ厳しい日々ですが、どうぞご自愛のうえご活躍下さいますよう心よりお祈り申し上げます。
 平成24年2月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成24年1月のご挨拶

龍新春をお慶び申し上げます。
新年の喜びを素直に表す事が出来ずにおりましたが、現在の心境にぴったりの言葉が見つかりました。『一陽来復』… 悪いことが続いた後で幸運に向かうという意味だそうです。昨年はあまりにも様々な事がありすぎて心が折れそうになりましたが、皆様のお蔭で踏ん張れたように思います。人間の『絆』、日本人としての誇り、『日いずる国・日本』への熱い思いを思いおこさせた年を生涯忘れずに今年も従業員と共に精進してまいります。 皆様の変わらぬご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 御贔屓頂くお客様、ご協力頂く納入業者の皆さまのさらなるご発展とご多幸を心より深くお祈り申し上げます。
     平成24年1月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成23年12月のご挨拶

感謝師走に入りました。急に冷え込んだり、暖かくなったりと温暖の差が激しく体が悲鳴をあげておりますが皆様にはいかがかと案じております。今年はこの国にとってかってない試練の年となってしまいました。3月11日には東日本大震災、9月には台風12号災害があり国中が悲嘆にくれました。天災のまえでなすすべもない無力さとそれでも必死に立ちあがる被災地の方々の姿に涙があふれました。産業界に与えた影響も大きいのですが、世界的な問題となっているヨーロッパで始まったユーロ圏国の破綻問題、長期化して先の見えない円高・TPP等、不安材料ばかりです。さまざまな事があったにも関わらず一年は一年として終わろうとしています。自分の立ち位置を考えさせられ、問題の難しさを実感した年でした。皆様と共に立ち向かっていきたいと願い、共にいることを心強く思っております。この一年 皆様には大変お世話になり本当にありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
くる年が皆様にとって良い年になりますよう心よりお祈りいたします。
    平成23年 師走
カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成23年11月のご挨拶

うろこ雲を発見して秋を感じておりますが、皆様にはお変わりございませんでしょうか?お元気で御活躍の事と喜んでおります。
さて弊社では「3.11大震災」や「TPP加盟問題」と、先行き不透明な問題を抱える中での社員旅行を行いました。創業者の出身地「徳之島」へ2〜3年に一度訪問するのが弊社のスタイルです。地元の縁者と社員との腕相撲大会や小学生の金管バンドの歓迎演奏、ビンゴゲーム等、唄え!踊れ!と賑やかに交流をしてきましたが、そこで感じた事は人と人との強い「絆」であり、「ゆい(結)の心」でした。歓迎の気持ちを有りがたくいただき、清々しい気持ちになれた事は社員達の顔を見ればよくわかりました。大阪に戻りまた頑張ろうと一杯エネルギーを貰ってまいりました。
すべての皆さまに感謝!
徳之島社員旅行

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成23年10月のご挨拶

稲穂朝晩の爽やかさを感じ、道端に咲く彼岸花、頭を垂れて収穫を待つ稲穂などを眺めながら通勤を楽しんでおります。弊社のある北摂はその昔「摂津の国」と呼ばれその名残を感じる場所を見つけることができる町です。そんな街中で弊社は第二十八期を無事に終わることが出来、第二十九期のスタートを切ることが出来ました。来年の節目の年、三十期に向けて心新たに努力して参りますので、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
ひとくちに三十年と言いましてもさまざまな出来事があったように思います。社員だけの事を振り返っても、結婚、家の購入、親の看護、別れ、退社等、ひとりひとりの身の上にもいろいろあったと思いますが、満足な対応をしてやれただろうかなどと思いを巡らせたり…。 今日こうして過ごす事が出来ますのも皆様からいつも暖かい応援を戴いているおかげと実感している毎日です。感謝を込めて今期も頑張ります!

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成23年9月のご挨拶

富士山登頂 九月に入ると同時に台風のニュースです。先人の210日説に改めて感服している今日この頃ですが、皆様には酷暑のお疲れなどいかがかと案じております。
私事ですが、8月27・28日と念願叶って富士登山に挑戦してまいりました。
3・11の大震災が今年こそという気持ちを萎えさせていましたが、家族と社員のひとりが同行してくれるとの申し出に挑戦が決まりました。準備不足のままの登山となり、登山道のまわりに咲く高山植物を愛でる余裕もなく、ひたすら一歩ずつ前に進むしかありませんでした。止まりそうな足を前進させてくれたのは、前後を進む家族と社員の暖かい応援、そして登山を知って杖をプレゼントしてくれた方、「君がその年で挑戦するなら負けられないな」とトライアスロンに挑戦して年齢別で優勝した方等々、沢山の方々の暖かい気持ちでした。そして、まだまだ甘い自分にも気づきました。山は人生を悟ると聞いていましたが、本当にその通りだと実感しています。
八合目で挫折した今年の登山でしたが娘と社員が頂上に向かって夜中に出発した後、夜明けた八合目の山小屋で雲海の中から 浮き上がったご来光の美しさに思わず手を合わせていました。今年こそ頂上に立とうと夢が膨らみます。 皆様ご一緒にいかがですか?

平成23年9月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成23年8月のご挨拶

花火盛夏、燃えるような太陽と、はつらつとした若人の戯れる海水浴場、そんなイメージがなんだか懐かしく感じられる今日この頃ですが、皆様にはどんな夏が訪れているのでしょうか?
今年は不幸にも震災で尊い命を亡くされた方が多く、初盆を迎えるご家族にとってつらい夏になるだろうとお察し申し上げます。天災とはいえ、自然の中では人間がいかにか弱いかを思い知らされたように感じます。
「がんばろう、日本」「がんばっぺ 東北」「前を向いて歩こう」・・・等、さまざまな暖かい声かけが、見失いかけた人間関係の大切さを思い出させてくれますが、時には立ち止まって思いっきり泣いても良いのではないかなと宮城で打ち上げられた花火に込められた現地の皆さんの気持ちをニュースで見ながら胸が熱くなりました。
日ごろお世話になっているお客様、納入業者の皆さま、そしてこの拙い文章を読んでいただいた全ての皆さまのご先祖様に合掌。

平成23年8月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成23年7月のご挨拶

いよいよ夏本番、節電の夏に突入です。休日に扇風機を求めて某電気量販店に出かけましたが、買い求める事はできませんでした。皆さんの意識が高まっているのを実感した次第です。企業によっては休日を変更したり、サマータイムを導入したりさまざまな工夫を凝らしていますが、日本人の国民性・勤勉さで必ずこの危機が乗り切れる事と信じております。弊社でも、わが家でも強く意識して取り組んでおりますが、やんちゃ盛りの孫が汗を掻いて真っ赤な顔で遊んでいる姿を見ると、大きく心がゆれ動くのもまた事実です。なにはともあれ乗り切るしかないですし、原発に頼る政策を許してきたのは私達です。反対する声を無視してきた政治家と企業があったのも事実ですが、考えるのは「正しい姿」とは「真実」とはという事です。皆様の率直なご意見を聞きたいと願っております。
猛暑が予想されますが、どうぞご自愛の上、ご活躍下さいますよう心よりお祈り申し上げます。

平成23年7月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成23年6月のご挨拶

卯月、梅雨の季節になりましたが今年は例年より早く梅雨に入りました。毎日降る雨に洗濯物が気になりますが、不思議と梅雨もまた良しなんて感じている自分がいます。
先月には弊社にとってとんでもないハプニングが起きて楽しく盛り上がったり、色々と考えさせたりした4週間でした。というのもデイリースポーツ紙に「元気」というコーナーがあり、そこに取り上げられるという大事件が起きたからです。
記者の目で見た自分たちの会社の姿を、紙上で読み一喜一憂しましたが、これからも気を引き締めて前向きに一歩ずつ進んでいくしかないなと実感したのが結論でしたね。
皆様にも、体調にはくれぐれもお気をつけてご活躍下さいますようお祈り申し上げます。

平成23年 6月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成23年5月のご挨拶

新緑が美しい季節がやってまいりましたが、皆様にはお元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。    どうしても東日本大震災の話題になってしまいますが、日が経つにつれ行政への不信感、自然災害への無力感、原発事故情報開示への疑念など、もどかしい思いをしながら、災害に遭った方々のご苦労を思うと胸が痛みます。GWを利用してボランティアに出かける社員もいますが、桜が咲き春の気配が少しでも慰めになればと願うくらいしかできない事を悲しく思い、せめて元気でいようと頑張っています。
『西日本から元気を!』との掛け声と『こころは見えないけれど心づかいは見える…』のCMに深い感銘を受けたりしている昨今の私ですが、皆様もお近くにお越しの折はどうぞ元気なお姿をお見せいただけますよう心よりお待ち申しております。
平成23年 5月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成23年4月のご挨拶

桜の花がちらほらと開き始めましたが、今年の桜は悲しみをさそいます。
3月11日、私達はとんでもない災害を目の当たりすることになってしまいました。あの速報をニュースで知ってから今日までどんなに胸を痛めたか・・・。被災地の皆さんの事を知るにつけ、なにも手を差し伸べられないわが身を情けなく思い歯がゆさが募ります。せめて義援金でもと、社内では社員達が声を挙げてくれました。全国民が力を合わせて復興に協力し、風評に惑わされる事なく、冷静に行動していくことが私達に出来ることだと考えるようになった今日この頃です。
天災とはいえ我が国が抱えた復興への道は厳しい道だと思いますが、日本国民の一人として謙虚に向き合っていきたいと願っています。そして被災地の皆様には心よりのお悔やみとお見舞いを申し上げます。
平成23年4月
カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成23年3月のご挨拶

弥生、3月春の到来ですね。今年は春がいつもより待ちどうしかったように思います。
寒い冬を長く感じたからでしょうか?蝋梅が咲き、梅が満開になり足元に水仙の花が匂うそんな春の始まりがとてもうれしく感じます。
一方で別れの季節でもありますが、弊社でも事務方でひとり、現場からひとり次の人生のスタートをします。ひとりは入社時の面接で、自身の人生設計をハッキリ話し、その計画通りの人生を歩んでいきます。後者は定年を迎えます。それぞれの人生にとって、この会社がどんな存在だったのだろうかと思いめぐらせてしまうこの頃です。
これからの人生が2人にとって実り多いものであってほしいと心から願ってやみません。感謝を込めて2人を送り出したいと思います。
平成23年3月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成23年2月のご挨拶

「卯月」大好きな響きです。さまざまな事がありますが、近づく春を感じます。
日本海側の大雪や、九州霧島の新燃岳の大噴火や鳥インフルエンザと人間の力など微力なものだと思い知らされる年明けとなってしまいました。
日本は自然に恵まれ、四季が有りその環境が日本人の豊かな感性を育てたといわれますが、私たちはそのことを忘れていたのでしょうか?自然に恵まれている環境に感謝する気持ちが薄らいだ日本人に自然の力が警告を発したのかも知れないなどと思ってしまう今日この頃です。そんな微力な私は後ろの窓から見えるピラカンサスの真赤な実がこの冬もたわわに実っていることに喜びを感じて感謝しようと眺めています。
厳しい寒さももう少しだと思いますので、皆様どうぞ体調管理にはくれぐれもお気をつけてご活躍下さいますようお祈り申し上げます。
平成23年2月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ

★平成23年1月のご挨拶

 初春をお喜び申し上げます。
厳しい昨年を何とか乗り切ったかに見えながら、宿題をかかえて新年を迎えた心境ですが、皆様にはどんな年明けでございますか?『泣いても一生 笑っても一生 それなら笑って歩こうよ』と、フッと見たドラマのセリフが心に残り、こんな前向きな気持ちで私も頑張っていきたいと思っております。
弊社は今年ISO取得にトライさせて頂きます。『より質の高い顧客満足をお届けする』事を目標に努力する所存でございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げすと共に、皆様のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。

平成二十三年 正月

カネタ鉄工株式会社 代表取締役 佐多はつみ